tep_space

株式会社インターPR

tep_space

軽く衝撃に強い、繊維強化ハニカム構造体「TECCELL-FB」

Oct,02,2012

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

Biz-ShowTV x マイナビニュース

tep_space

軽く衝撃に強い、繊維強化ハニカム構造体「TECCELL-FB」

tep_space

クラボウと岐阜プラスチック工業は、軽量で耐衝撃性やリサイクル性に優れる、繊維強化ハニカム構造体「TECCELL-FB(テクセル・エフビー)」を共同開発しました。



"表皮材が、我々クラボウが開発した「NEOMATEX」というブランドです。NEOMATEXは非常に衝撃や強度に強い高強度の繊維でできているので、表皮材としてのポテンシャルを持っています。岐阜プラスチック工業が元々「TECCELL」というハニカム構造の材料を展開しており、そのTECCELLをコア材に使って、表皮にNEOMATEXを使ったのがTECCELL-FBです。ですから、オールオレフィンの非常に強度があるハニカム材という位置づけの商品です。"



TECCELL-FBは、標準仕様のTECCELLと比較して、TECCELLの特長である軽量性は維持したまま、曲げ剛性が約2倍、最大衝撃荷重が約4倍に向上しています。



また、アルミなど同重量の他素材と比較しても高い耐衝撃性を有しています。



"この商品は、クラボウと岐阜プラスチック工業が共同で販売していこうというものでして、岐阜プラスチック工業は元々物流に強い会社ですので、物流関係で展開されようとしています。我々は、物流よりもむしろ自動車や建築建材やファニチャー関係などの分野に展開できないかと考えています。まだ具体的な商品は無いんですが、今は提案をさせて頂いています。"

tep_space

関連リンク »
 ■diginfo TV
 ■youtube

tep_space