tep_space

株式会社インターPR

tep_space

下肢障害児用自立移動支援装置

Aug,16,2012

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

Biz-ShowTV x マイナビニュース

tep_space

下肢障害児用自立移動支援装置

tep_space

職業能力開発総合大学が開発する下肢障害児用自立移動支援装置『マジックカーペット』は下肢に障害がある子供に自立移動を体験、習得してもらう装置です。



"学齢期前の下肢に障害があるお子さんに移動を体験してもらうことができます。移動に興味が持てたら、自分で操作し、移動ができるようになります。その後、学齢期になったら、スムーズに電動車いすを操作できるように訓練してもらうような機能をもった移動支援装置です。"



マジックカーペットは最大重量90kgであるため、親やバギーと一緒に乗ることが可能です。また寝たままであったり、様々な姿勢で操作することができます。



"お子さんが普段あまり緊張しないような運動をOT(作業療法士)やPT(理学療法士)の先生に教わり、スイッチを使用して、まずは覚えてもらいます。そのうちに障害物があったら止まるとか避けるとかなどを学習していき将来的には自分で、電動車椅子を使って移動出来るようにする装置です。"



左右に車輪があり、前後4つにボールキャスターがついているので、前後、左右、その場で360°回転することが可能です。またジョイスティックなど様々なスイッチを選ぶことができます。速度は時速0.4km~4.0kmの5段階設定が可能で1回の充電で4kmの走行が可能です。



"我々の目標としてはコウヤシステムデザインさんと一緒にやっていて、50万円ぐらいで出来たら良いなと考えています。しかし、実際に製品化するためには安全面や部品の調達、メンテナンスなどを考えると現状では50万円で難しいので検討しています。"



今後はライントレース技術を利用して、限定領域内であれば自由に動ける、といった安全面に配慮する他、ラインに沿った動きを行わせるなどのトレーニングソフトウエアの研究開発を進めていく予定です。


tep_space

関連リンク »
 ■diginfo TV
 ■youtube

tep_space