tep_space

株式会社インターPR

tep_space

X線検査装置を用いたピーマン用高速ランク選別システム

Aug,11,2012

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

Biz-ShowTV x マイナビニュース

tep_space

X線検査装置を用いたピーマン用高速ランク選別システム

tep_space

イシダが開発するピーマン用高速ランク選別システムはX線を使用して、正確に重量を測定し、ランク分けを行うことが可能です。



"こちらにあるX線検査装置を応用して、測定します。レントゲンを使用するイメージです。例えばピーマンの場合だと、季節や品種によって肉の厚みが違ってきます。従来ではカメラで撮影して、大体の重量を推定していました。X線を使用することによって透過画像を見ることができるので、肉厚まで検知することができます。検知したものから重量を推定して、大体のグラム数を計量します。



X線検査装置により測定されたピーマンは選別機により、ランク振り分けされます。1分間に200~250個のピーマンを測定することが可能です。



"X線画像を撮像します。その画像の濃い薄いの濃淡で重量を推定します。ですから精度の高い重量推定が可能です。中が空洞であり肉厚が違うピーマンを正確に重量を推定するというのはX線が一番長けています。"



商品の正式発表は今年の年末を予定します。


tep_space

関連リンク »
 ■diginfo TV
 ■youtube

tep_space