tep_space

株式会社インターPR

tep_space

椅子に座るだけで牽引することが可能な装置

Jul,24,2012

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

Biz-ShowTV x マイナビニュース

tep_space

椅子に座るだけで牽引することが可能な装置

tep_space

ミナト医科学が製造・販売する能動型自動間欠牽引装置「スーパートラック」は椅子に座るだけで、腰椎の牽引を行うことができます。



"従来の牽引装置はベッドでした。ベッドに寝てから腰椎の牽引を行うのが主流でした。こちらの製品は椅子型です。腰痛を持っている方がベッドの乗り降りをするのは大変でした。しかしこの製品は椅子に座るだけで牽引することができるのがメリットで、患者様にも優しい製品となっています。"



スーパートラックは椅子に座り、腰ベルトを締め、スタートボタンを押すと椅子がリクライニングを開始します。ミナト医科学独自のスイングアーム機構により、アームが体格に応じて自動的に装着されます。"



"3段階で腰を締めつけるベルトの強さを選ぶことができます。その他に牽引している間は腰ベルトがしまり、休止時間中は腰ベルトが緩むようになっており、牽引と休止に連動した動きをします。



足部ホールド機能にはマッサージ機能がついており、より快適に牽引を行うことができます。またオッドマンの高さを自動的に調整し膝と腰の角度を90°に設定し、理想的な牽引姿勢をとることが可能です。



"従来の首の牽引は椅子に座って行います。しかし、牽引している間に状態(体)がブレてしまうことがあります。こちらの製品は座ってから少し傾いた状態(姿勢)から首の牽引を行いますので、状態(体)がズレて牽引の角度がズレることがありません。非常に理想的な姿勢で牽引を行う事ができます。"




tep_space

関連リンク »
 ■diginfo TV
 ■youtube

tep_space