tep_space

株式会社インターPR

tep_space

UWB測位とスマートフォンによる「視覚障がい者歩行支援システム」

Jul,11,2012

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

Biz-ShowTV x マイナビニュース

tep_space

UWB測位とスマートフォンによる「視覚障がい者歩行支援システム」

tep_space

情報通信研究機構と富士通は、UWB測位システムとスマートフォンを組み合わせた「視覚障がい者歩行支援システム」を開発しました。



このシステムは、GPSが利用できない屋内環境において、利用者の位置や目標地点を測定するために「Impulse Radio型UWB (IR-UWB)技術」の測距特性を利用しています。



この技術では、基地局のエリア内にある移動局の位置を30cm以下の誤差でリアルタイムに測定できます。この移動局を利用者と目標地点に用いることで、現在地と目標地点の位置情報がスマートフォンに送られ、目標地点までの方向と距離が合成音声で案内されます。



"今回は基地局を6台設置しています。今のシステムだとだいたい10mの範囲にあれば測位可能です。ユーザー端末が6台の基地局とそれぞれ通信しながら距離を測ります。集めた距離の情報はまず制御端末に集めて、位置の特定は制御端末で計算しています。計算した結果をまたUWBを使ってユーザ端末に送っています。"



"いろんな応用があります。特に倉庫管理です。大きな倉庫で、ものがどこにあるのか、どこに運ぶのかといった要求が非常に高まっていて、いろんな業者から問い合わせを頂いていますので、そういうアプリも検討しています。"

tep_space

関連リンク »
 ■diginfo TV
 ■youtube

tep_space