tep_space

株式会社インターPR

tep_space

人の手を擬人化する指輪型ウェアラブルロボットコンセプト

Jun,22,2012

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

Biz-ShowTV x マイナビニュース

tep_space

人の手を擬人化する指輪型ウェアラブルロボットコンセプト

tep_space

慶應義塾大学の研究グループは、目と口を模した指輪型ロボットを開発しています。



"このロボットは、人の手に装着して、人の手をコミュニケーションのメディアにするロボットです。これを装着することで、人の手が持っている動物らしさ、擬人性を拡張するデバイスとして制作しました。"



"こちらの指輪の目の方には、電磁石モーターが入っていまして、それを電気的に制御しています。こちらの下の部分に、それを動かす為のマイコンとバッテリーが含まれています。"



"ロボットというのは、これまで人間とは離れてコミュニケーションするのが一般的でした。ペット型ロボットやヒューマノイドもそうですが、人間の身体に付けるというのは、これまで無かったんです。研究ベースでしか無かったウェアラブルロボットというのを、もっとアクセサリ感覚で、しかも付けて楽しい、遊べるコミュニケーションのデバイスとして設計したいと思って指輪型にしてみました。"



現在は、専用コントローラーとPCを介して制御していますが、将来的には、装着者や身の回りの人の動きをセンシングして、自動的に動くようにする予定です。



"まず第一に、これがおもちゃっぽいデバイスですので、子供の遊びや子供に対して両親が指遊びをしてあげる時にキャラクター性を向上させて、新たなインタラクティブな遊びを作り出すということ、あとは子供同士のコミュニケーションにおいて、子供が自分の手で表現するような遊びに取り入れていければいいなと思っています。"









tep_space

関連リンク »
 ■diginfo TV
 ■youtube

tep_space