tep_space

株式会社インターPR

tep_space

植物由来材料のバイオPEを用いたフロアマット

Jun,22,2012

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

Biz-ShowTV x マイナビニュース

tep_space

植物由来材料のバイオPEを用いたフロアマット

tep_space

"今回三菱自動車工業では、当社独自の植物由来材料技術グリーンプラスチックの1アイテムとしまして、新たにバイオポリエチレンとポリプロピレン繊維のフロアマットを開発致しました。"



バイオポリエチレンは、さとうきびの砂糖を作る際の廃棄物を原料とする植物由来の樹脂です。この繊維は、芯のバイオポリエチレンを、従来から広く用いられている石油由来のポリプロピレンで覆う芯鞘構造とすることで、自動車用フロアマットの耐磨耗性・耐熱性等をクリアしています。



"環境面での特徴は、植物由来の材料を使うことによりまして、従来のポリプロピレン製のフロアマットと比べまして約15%のCO2削減を達成したと考えております。"



"さとうきびから砂糖を作る時に出る廃棄物を「はいとうぶつ」と呼びます。これを利用しバイオエタノールを作り、さらにエチレンという形に変化させ、バイオポリエチレンという形にして使っています。"



"技術的な特徴として、植物由来のバイオポリエチレンは、物性的には弱いものですので、これを従来の石油由来のポリプロピレンで囲むような形である芯鞘構造をとって実用化に至りました。"



このフロアマットは、2012年の夏に実用化する予定です。販売は現在のところ国内のみを計画しおり、海外については検討中です。








関連リンク »



  • YouTube

  • エコプロダクツ2011


tep_space

関連リンク »
 ■diginfo TV
 ■youtube

tep_space