tep_space

株式会社インターPR

tep_space

次世代HEMS実現へ向けた、シャープのWiFi内蔵電源タップ

Jun,22,2012

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

Biz-ShowTV x マイナビニュース

tep_space

次世代HEMS実現へ向けた、シャープのWiFi内蔵電源タップ

tep_space

シャープは、家電を管理・制御する「次世代HEMS」を開発しています。



これは、各機器の消費電力表示など「電力の見える化」と節電のための機器制御をスマートフォンやタブレット端末上で行うというもので、「電力の見える化」の部分については、今年中にWiFiモジュールを内蔵した電源タップを発売する予定です。



"壁をご覧頂ければ分かるように、コンセントに白いボックスを挿して、消費電力を測定しています。例えば、あちらですと、テレビの消費電力を測定して、そこで測った電力情報を無線で飛ばして、このようなタブレットで、テレビが何ワット消費しているというのを見せるシステムを開発していまして、商品化を進めています。"



商品化の際は、タップ5個と中継器のセットで発売される予定で、更にタップを増やしたい場合は、最大で30個まで対応可能となる予定です。



"今回のデモでは、見える化だけでなく、更に機器の制御を行っています。例えば、このようにLEDを選ぶと、LED照明の色合いや明るさを操作できます。この操作の結果に従って消費電力がどのように変わったかというのが、同時にタブレット上で確認できます。"



今回、デモ用の試作機として、LED照明の他、シャープ製のテレビやエアコン、冷蔵庫を制御していますが、実際の製品に適用する場合は、遠隔制御のコマンドを受けるための機器を組込む必要があります。



"お客さんの目線で考えるとやはりシャープ以外の商品もタブレットから制御したいということになると思います。今、政府で制御用のプロトコルを統一化するという話を進めている所です。あと一年後か二年後かのタイミングになると思いますが、例えば弊社のタブレットから他社の商品が制御できるということが実現すると思います。"



このシステムは、太陽光発電システムや電気自動車とも繋がり、トータルな家庭用エネルギー管理システムとして活用されます。



tep_space

関連リンク »
 ■diginfo TV
 ■youtube

tep_space