tep_space

株式会社インターPR

tep_space

投影式ビューファインダとひねりズームによる手軽で素早い撮影手法

Jun,22,2012

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

Biz-ShowTV x マイナビニュース

tep_space

投影式ビューファインダとひねりズームによる手軽で素早い撮影手法

tep_space

大阪大学のグループは、被写体に撮影範囲を投影することで、ファインダーを見ずに素早く撮影できるカメラシステムを提案しています。



"これは、カメラとプロジェクタを一体化した「ClippingLight」というシステムです。このように白い枠が出ている範囲が撮影範囲になります。カメラにレーザーポインタが付いたようなものなんですが、それだけではなく、右に大きくひねると枠が小さくなる、左に大きくひねると枠が大きくなるというものでして、ジャイロセンサと加速度センサを使って、簡単にズームイン・ズームアウトをこのような動作で繰り返すことができます。しかも実世界を見ながら撮影ができます。"



このシステムは、写実性よりも素早く直感的に撮影することを優先したもので、特にビジュアルマーカの読み取りやメモ代わりに撮影するといった用途を想定しています。また、全体を見渡しながら対象物を追えるので、素早い動きの被写体も狙いやすくなります。



"最近だとデジタルカメラやスマートフォンにプロジェクタが搭載されているモデルも出ていまして、そういったモデルの1つのモードとして「ClippingLight」があれば、とにかく速く撮れるようになると思います。特に私が注目しているのは、今UFOが消えたり現れたりしていますが、現れた時にこのようにハッと速く撮れるといったような所で、とにかく速く簡単に撮れるという所を売りにしていきたいと思っています。"






関連リンク »



  • YouTube

  • インタラクション2012


tep_space

関連リンク »
 ■diginfo TV
 ■youtube

tep_space