tep_space

株式会社インターPR

tep_space

楕円ボアを採用した超電導MRI装置 

Jun,22,2012

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

Biz-ShowTV x マイナビニュース

tep_space

楕円ボアを採用した超電導MRI装置 

tep_space

日立メディコは静磁場強度1.5テスラの超電導MRI装置「ECHELON OVAL」(エシェロン オーバル)を日本と海外に向けて発売しました。



"こちらは開口が74cmと非常に大きいです。しかし、装置そのものはコンパクトにできています。大きな病院から開業医まで、幅広い施設でお使い頂けると思います。"



幅74cmの楕円ボアを採用することで検査空間を従来nの製品から約40%拡張することに成功しました。また、検査空間を横方向に拡張した結果、これまで磁場中心での撮像が困難であった肩などのオフセンター部位も寝台上で被検者の体を横に移動させることが可能になり、最も高画質が得られる磁場中心での撮像が可能となりました。



"これからの展開としてはまずはアメリカと日本で展開しますが、その後ヨーロッパやアジアと全世界に向けて展開していきたいと考えています。"






関連リンク »



  • YouTube


tep_space

関連リンク »
 ■diginfo TV
 ■youtube

tep_space