tep_space

株式会社インターPR

tep_space

サンドブラストを使いガラス製品に彫刻

Jun,22,2012

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

Biz-ShowTV x マイナビニュース

tep_space

サンドブラストを使いガラス製品に彫刻

tep_space

Eternalではサンドブラストを用いてワインボトルなどのガラス製品に彫刻を掘るサビースを行っています。



"サンドブラストという技法を使います。高圧な空気に特殊な砂を入れて彫り込み特殊な彫刻を行っています。彫刻でお客様の大切な思いや大切な言葉を形にして残していくサービスを行っています。パソコンで原稿を作って特殊なマスクに転写します。特殊なマスクをおいて紫外線を当てて転写させます。こちらの方で砂を高圧で出してボトルのガラスを彫り込んでいきます。シャンパンなど発泡性のあるものは、あまり深く掘れませんが、日本酒や焼酎などは2mm~3mmなど深く掘ることができます。(噴射口・ノズルに関しては)これもいろんな種類があり、大きさも全部自分で決めます。極端に言うと細いのが写真用、太いのがデザイン用です。"



サンドブラストでガラスを彫刻したあとにエアーブラシを使用し着色します。さらに、ニーズに対応した装飾も行い、最近ではスワロフスキーを使った装飾が人気で、クリスタル一つ一つを手作業で貼付けていきます。



"金額は写真彫刻と写真なしで違います。写真彫刻ありは加工賃が6000円、写真彫刻なしが4500円です。"



Eternalは全てを手作業で行う体制で臨んでおり、一般に受注後3~5日で完成します。

tep_space

関連リンク »
 ■diginfo TV
 ■youtube

tep_space