tep_space

株式会社インターPR

tep_space

落雷を防ぐ避雷針

Jun,22,2012

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

Biz-ShowTV x マイナビニュース

tep_space

落雷を防ぐ避雷針

tep_space

従来の避雷針は、実際には雷を呼んでいます。しかし、落雷制御システムズのPDCE避雷針は従来の製品とは違い、雷が落ちることを防ぐことができます。



"普通の避雷針は、地面と雷雲(かみなりぐも)の間で地面の電荷を拾って、放電をさせます。こちらの製品は雷が落ちてくる時に、地面から上がるお迎え放電を防ぐことによって、この装置の周辺に雷を落とさないようにしています。"



主な導入事例としては牛久の大仏や地球深部探索船の「ちきゅう」という船があります。この船には海面から120mの高い櫓が設置されており、雷が落ちる可能性があります。船は、海底をボーリングしているため、雷雨になっても逃げることができません。そこで、櫓の上にPDCE避雷針を設置して落雷を防いでいます。



"取り付け位置によって変わりますが、取り付け位置を1とすると半径が5の円錐形内には雷が落ちた事がありません。具体的にはコンクリート電柱の上にこれを付けて20mの高さに設置すると周囲の半径100m以内には雷は落ちなくなります。"



製品はすでに商用化されており、価格は200-300万円です。落雷制御システムズでは、50万円前後の価格で家庭用や防災無線、屋外監視カメラなどに設置できる製品の商用化を考えています。




tep_space

関連リンク »
 ■diginfo TV
 ■youtube

tep_space