tep_space

  • Robotics
  • EV
  • 3D
  • AR
  • Eco
  • Mobile
  • Wearable
  • Interface
  • Materials
  • Energy
  • Security
  • Design
  • Medical
  • Gaming
  • Unique

DigInfo -ROBOTICS-

tep_space

柔らかいぬいぐるみロボット

Oct,01,2011

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

糸駆動による芯まで柔らかいぬいぐるみロボット

tep_space

柔らかいぬいぐるみロボット

tep_space

東京工業大学の研究グループは、芯まで柔らかい手足を持つ、動くぬいぐるみを開発しました。 子供がロボットを触った時に、触り心地が柔らかい方がおもちゃとして良いですよね。ただ、従来のぬいぐるみ型のロボットは、中に骨が入っていて、実際に触ると硬いんです。また、子供が強く動かしたりすると、壊れてしまいます。そういうことが無いように、芯まで柔らかい素材で作ったロボットができないかということで、作ってみました。 モータや回路を体幹の部分に集め、そこから糸を用いて腕や足を駆動することで、芯まで柔らかい動くぬいぐるみを実現しています。リンクやジョイントがないため丈夫で、落としたり、腕をねじったりしても壊れないという特徴があります。 糸を引っ張ると、このように腕のように動きます。あとは、糸の長さをどう調整するかで、動きが作れるわけです。また、糸が通っているので、触られると糸が引っ張られ、その力を採る事で、どう触られたかも分かり、そうすると触感が持っていて力を感じて力で返してくるということができます。 研究グループでは、CGキャラクタの動作生成に関する研究も行っており、この動きをぬいぐるみロボットにも適用したいと考えています。 熊の触覚や視覚を再現して、そこから何がしたいかを熊が決めて動いています。その動く所までシミュレータの中で動かしています。その動きをそのままこのロボットに当てはめると、視覚の入力などもセンサで測らなければいけないんですが、そうすると、ユーザの動きや触ったりといったことに生き生きと反応する動きが作れると思っております。 関連リンク :- YouTube- 長谷川研Web- CEDEC 2011 (本文はdiginfo.tvより提供)

tep_space

関連リンク »
 ■youtube

tep_space