tep_space

  • Robotics
  • EV
  • 3D
  • AR
  • Eco
  • Mobile
  • Wearable
  • Interface
  • Materials
  • Energy
  • Security
  • Design
  • Medical
  • Gaming
  • Unique

DigInfo -ROBOTICS-

tep_space

東北大学 - 能動スコープカメラ

Nov,25,2011

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

東北大学 - 能動スコープカメラ

tep_space

東北大学 - 能動スコープカメラ

tep_space

能動スコープカメラは、倒壊建物内に取り残された要救助者を捜索することを目的としたレスキューロボットです。独自の推進機構で幅3cm程度の狭路を能動的に進入して先端のカメラで映像を撮影することができます。 このスコープカメラのケーブルには毛が付いていまして、その毛を振動させることで推進力を得ます。今までですとすぐに引っかかってしまったんですが、推進力を持つ事でどんどん自分で進んでいくというものです。 全体を繊毛でおおっているので、ケーブルの全ての部分で推進力を発生させることができ、形状が均一でない瓦礫内においても、一部が接触していれば推進することができます。挿入部の長さは5mもしくは8mで、先端部には首振り機構が搭載されています。また、手元のケーブルをねじることによって、進路を大きく方向転換できます。 今、協定企業と来年(2009年)の実用化に向けて、開発を進めています。現在の段階はプロトタイプを消防隊やアメリカのFEMAの隊員の方に使って頂いて、そのコメントを頂いて改良をすすめているところです。 関連リンク :- YouTube (本文はdiginfo.tvより提供)

tep_space

関連リンク »
 ■youtube

tep_space