tep_space

  • Robotics
  • EV
  • 3D
  • AR
  • Eco
  • Mobile
  • Wearable
  • Interface
  • Materials
  • Energy
  • Security
  • Design
  • Medical
  • Gaming
  • Unique

DigInfo -ROBOTICS-

tep_space

スローイング・バッティングロボット

Nov,17,2011

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

スローイング・バッティングロボット

tep_space

スローイング・バッティングロボットシステム

tep_space

東京大学 石川・小室研究室は、2009国際ロボット展において、「スローイング・バッティングロボットシステム」を出展しました。人間のように多指ハンドを用いてボールを精密にコントロールするスローイングロボットと、高速ビジョンを用いてボールを確実に打ち返すバッティングロボットを組み合わせて、2台のロボットで「投げて打つ」という連続動作を実現しています。スローイングロボットの腕には軽量高速ロボットアームを使い、その先端に0.1秒で180度開閉が可能な高速多指ハンドを取り付けています。三本指を使ってしなやかにエネルギーを伝達することで、人間と似たスローイング方法を実現し、高速に投げることができます。バッティングロボットのアームの軌道はバットを高速に振り切る動作とボールに追従する動作を統合した運動となっています。1/1000秒ごとにボールの軌道を認識するので、このロボットから見るとボールはほぼ止まって見えることに相当し、ボールを視覚で確認してから打つまで約0.2秒の高速動作によって、確実にバットでボールを捕らえることが可能です。関連サイト :- 石川小室研究室- 2009国際ロボット展 (本文はdiginfo.tvより提供)

tep_space

関連リンク »
 ■youtube

tep_space