tep_space

  • Robotics
  • EV
  • 3D
  • AR
  • Eco
  • Mobile
  • Wearable
  • Interface
  • Materials
  • Energy
  • Security
  • Design
  • Medical
  • Gaming
  • Unique

DigInfo -ROBOTICS-

tep_space

イチゴ収穫ロボット

Nov,18,2011

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

イチゴ収穫ロボット

tep_space

イチゴの熟度を自動的に判別して収穫「イチゴ収穫ロボット」

tep_space

日本科学未来館にて開催された第4回ロボット大賞表彰式において、収穫適期になったイチゴを判別し収穫するイチゴ収穫ロボットがサービスロボット部門優秀賞を受賞した。イチゴ収穫ロボットは色味具合、熟度をカメラで判定し、果実を傷つけないように果柄(かへい)部分を切断し収穫作業を行う。収穫可能なのは全体の約60%以上で果実一個を収穫するサイクル時間は9秒になる。 カメラ2台ありまして、そのカメラで、ステレオ画像で果実の3次元位置を検出します。その時と同時にですね果実の熟度ですね、色味具合を測定します。これがですね今80%くらいに合わせてあるんですけども、8分着色以上の着色があれば収穫適期だという風に判断して収穫しにいきます。今までだいたい10アール、1000平米くらいで2000時間イチゴの栽培には掛かるんですね。その中で4分の1、500時間くらいは収穫作業にかかります。で、ロボット導入する事によってそれが6割くらい穫ってくれれば300時間だとかそれくらいは省力化できるという風な計算かと思います。 イチゴ収穫ロボットではイチゴの収穫だけの対応だが、要素的な技術を応用してトマト等他の作物の収穫にも適したロボットも開発出来ると考えられている。 今、実証試験を農家さんの工場でしておりますので、ほぼ現場の状態で試験は進めております。まだ今年までが最後の研究期間ですので、この最後の研究期間を終えて実用化の見通しを得たというような状況です。農業分野ですね、まだまだ人力に頼っている部分が多いので、それに新たな挑戦、取り組みとしてロボットを入れていくというような、ちょっとチャレンジなところがありますけどもそういったところが評価されたんじゃないかなと思います。 関連リンク :- YouTube- 生研センター/ いちご収穫ロボット 第4回 ロボット大賞 サービスロボット部門優秀賞受賞- The 4th Robot Award (本文はdiginfo.tvより提供)

tep_space

関連リンク »
 ■youtube

tep_space