tep_space

  • Robotics
  • EV
  • 3D
  • AR
  • Eco
  • Mobile
  • Wearable
  • Interface
  • Materials
  • Energy
  • Security
  • Design
  • Medical
  • Gaming
  • Unique

DigInfo -3D-

tep_space

3D対応 超・短焦点プロジェクター

Jun,15,2012

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

超・短焦点プロジェクターを発売

tep_space

三洋電機、3D対応 超・短焦点プロジェクターを発売

tep_space

三洋電機は、縦横設置投映が可能で、世界最短の投映距離を 実現した3D対応の超・短焦点プロジェクター「PDG-DWL2500J」を7月より発売すると発表しました。従来機種のLP-XL50において、80型大画面の投映距離が約45cmであったものを 新開発の超・短焦点ミラー投写光学ユニットにより、世界最短の投映距離約32cmを実現しています。また、設置距離ゼロの 壁ぴったり でも、約74型の大画面が投映でき、スクリーンの前に人が立っても映像に影ができにくい上に、プレゼンテーターの目に光が入りにくい構造に なっています。また、新たにDLP方式小型光学エンジンを開発し、光学部品の小型化や部品配置の最適化により、従来機種に対して、本体の占有体積が約2分の1となるコンパクトボディを実現しています。3D表示には、3Dメガネを装着する「フレームシーケンシャル表示方式」を採用しています。3D技術と短焦点技術の組み合わせることにより、限られた空間に立体映像を投映することができ、これまでに無い新しいアプリケーションに使うことができます。市場推定価格は45万円程で、2010年7月より発売が開始される予定です。関連サイト :- プレスリリース- プロジェクター | 三洋電機 (本文はdiginfo.tvより提供)

tep_space

関連リンク »
 ■youtube

tep_space