tep_space

  • Robotics
  • EV
  • 3D
  • AR
  • Eco
  • Mobile
  • Wearable
  • Interface
  • Materials
  • Energy
  • Security
  • Design
  • Medical
  • Gaming
  • Unique

DigInfo -3D-

tep_space

IP-S2/Lite

Dec,11,2011

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

IP-S2/Lite

tep_space

動画で距離・高さ・面積が計測可能な現況確認システム「IP-S2/Lite」

tep_space

トプコンは3D&バーチャル リアリティ展において、360°全方位カメラによる動画での道路現況確認システム IP-S2/Lite の展示をおこないました。 IP-S2/Liteというのは360°のカメラと傾斜計とGPSを組み合わせたシステムになっておりまして、今回展示してあるものはレーザースキャナが付いてあるタイプなんですけどもIP-S2/Liteというのは360°のカメラと傾斜計とGPSを組み合わせたシステムになっています。このIP-S2 Liteに関しては360°のカメラを使って動画を作るんですけども、動画を作る際に写真を1秒間に16枚撮っておりましてその1枚1枚に特徴点というのを抽出してます。で1秒間に16枚撮ってる特徴点を繋げる事によってカメラの位置であったり回りの360°の動画を三次元化するというシステムになっています。 特徴点を取る事によりGIS位置情報と動画がリンクし、撮影された動画データから距離・高さ・面積の3次元計測を可能としています。また撮影された実写動画の中にCGオブジェクトを配置する事ができ、リアルなシュミレーションがおこなえます。今年4月には国土地理院のプロジェクトにおいて、IP-S2/Liteを使った震災地の状況の撮影・実測が行われました。 4月から宮城県の沿岸沿いを4月中に測りまして、5月には岩手県ですね北は久慈から宮城県の石巻付近まで南下する形で実測を出しました。今後例えば沿岸部だけじゃなくて内陸部にはこういった動画を使って地図を更新するというのには使われると思いますし、一度こういうデータを取ると更新作業というのが必要になってくると思いますので、今回は震災前のデータがなかったですけどもこれを走った事によって震災後のデータはありますので今後の復興に役立てるためにですね、更新作業なんかにも使われていくのかなと思います。 関連リンク :- YouTube- モバイルマッピングシステム IP-S2 Lite | ポジショニング | TOPCON- 3D&バーチャル リアリティ展 (本文はdiginfo.tvより提供)

tep_space

関連リンク »
 ■youtube

tep_space