tep_space

  • Robotics
  • EV
  • 3D
  • AR
  • Eco
  • Mobile
  • Wearable
  • Interface
  • Materials
  • Energy
  • Security
  • Design
  • Medical
  • Gaming
  • Unique

DigInfo -3D-

tep_space

フローティングビジョン使用次世代組込機器

Nov,07,2011

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

フローティングビジョンを使った次世代組込

tep_space

フローティングビジョン

tep_space

パイオニアは、組込みシステム開発技術展において、浮遊映像表示技術「フローティングビジョン」の組込み機器向けモジュールを使ったデモ展示を行いました。フローティングビジョンは、目の前にジオラマサイズの世界があるかのように感じる箱庭的臨場感を表現するパイオニア独自の映像表示技術です。フローティングビジョンと赤外線センサーを組み合わせることで、あたかも浮遊映像に触れたかのような演出が可能で、今回はカーナビと携帯電話向けの組込みデモが行われました。 3Dモジュールとしては、裏側に液晶モジュールがあり、その手前に我々の特殊な3D用レンズを持ってきて、空間分浮かせた距離に焦点を結ばせて結像しています。実際の実像を見ている形になりますので、よくある右目・左目用の立体とは違って、はっきり、くっきり見えるという特徴があります。 カーナビを想定したデモでは、タッチパネルとマップ画面にフローティングビジョンを組み合わせています。タッチパネルで選んで出てくる3Dオブジェクトを手でマップの画面に移動させるようなジェスチャーをすると、その3Dオブジェクトが動くと共に、マップ画面ではそのオブジェクトがばらまかれるような効果が現れます。 見た目で浮いているという感じが、はっきり、くっきり見えるのでその時点でビックリされる方は非常に多いです。それを操作するという感覚が非常に面白いので、これをいろいろなモノに組込んで何かの機器とかに使っていただけるなモノになるのではないかと思っております。 パイオニアは、組込み機器向けのモジュールのほか、PCとUSBで接続できる「FV-01」をすでに発売しています。今後は、この新しいユーザー・インターフェースを活用するアイデアを持った企業に、組込みモジュールとして提供し、フローティングビジョンの普及を目指しています。関連リンク :- YouTube- フローティングビジョン : パイオニア株式会社- 組込みシステム開発技術展 (本文はdiginfo.tvより提供)

tep_space

関連リンク »
 ■youtube

tep_space