tep_space

  • Robotics
  • EV
  • 3D
  • AR
  • Eco
  • Mobile
  • Wearable
  • Interface
  • Materials
  • Energy
  • Security
  • Design
  • Medical
  • Gaming
  • Unique

DigInfo -ECO-

tep_space

3Dレンズを装着して3D写真も撮れる

Oct,01,2011

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

3Dレンズを装着して3D写真も撮れる LUMIX GH2

tep_space

3Dレンズを装着して3D写真も撮れる

tep_space

パナソニックは、CEATEC JAPAN 2010において、10月29日に発売するマイクロフォーサーズマウントのレンズ交換式デジタル一眼カメラ「LUMIX GH2」を出展し、デジタルカメラ用交換レンズとしては世界初となる3Dレンズを装着しての3D静止画撮影のデモを行いました。 今回、我々はGH2という、LUMIXのGシリーズのフラッグシップのカメラを開発したわけですが、そういうものであれば何でもできなければいけないということがありまして、GH2の特徴としてAFが速いとか動画撮影が優れているとかいった特徴と合わせて3D写真も撮れるということを大きな特徴として今回採用しました。 今回の3D対応は、静止画のみとなっており、撮影するには別売りの3Dレンズが必要です。3Dレンズは、2眼構成で左右画像を同時に撮影することにより、異なる時刻に連写撮影して3D画像を生成する方式に比べて、動く被写体を二重像や歪みなく撮影できます。カメラ本体の主な特徴としては、新開発の「4/3型有効画素1605万画素Live MOS センサー」、「画像処理エンジン(Venusエンジン FHD)」を搭載し、レンズ交換式デジタルカメラとして世界最速となる約0.1秒AFを実現するとともに秒5コマ連写、秒40コマ電子シャッター撮影機能を搭載しています。 ボディ単体の価格は10万?11万円になると思います。3Dレンズは、定価が25,000円くらいですが、実際は2万円ちょっとプラスくらいで買えると思います。日本が最初の発売になります。海外は大体1ヶ月遅れぐらいで多分出荷されるとことになると思いますが、基本は全世界展開で我々は考えています。 関連リンク :- YouTube- プレスリリース- MC-GH2|Gシリーズ ムービー一眼|デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)|Panasonic- CEATEC JAPAN 2010 (本文はdiginfo.tvより提供)

tep_space

関連リンク »
 ■youtube

tep_space