tep_space

  • Robotics
  • EV
  • 3D
  • AR
  • Eco
  • Mobile
  • Wearable
  • Interface
  • Materials
  • Energy
  • Security
  • Design
  • Medical
  • Gaming
  • Unique

DigInfo -ECO-

tep_space

建築ガラス用遮熱フィルム

Dec,09,2011

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

遮熱フィルム - COOLSAFE

tep_space

冷房負荷を22%抑える建築ガラス用遮熱フィルム - COOLSAFE

tep_space

ブリヂストンは、エコハウス & エコビルディングEXPOにおいて、建築ガラス用遮熱フィルム「COOLSAFE」を出展しました。COOLSAFEは、ブリヂストンが新たに開発した「遮熱フィルム」と太陽電池用接着封止膜として使用される「EVAフィルム」を組み合わせた3層構造のフィルムで、高い遮熱性能を有するとともにガラスの安全性能を高めた商品です。太陽熱を効果的に遮断し、室温の上昇を抑えることが出来るため、冷房の効率化を図る事ができ、一般のガラスに比べて冷房負荷を22%抑えることが可能です。 20年来の配合技術を通して、また弊社のタイヤ技術を駆使して、スペシャルな配合を作って、遮熱性能へと応用させました。専門的な用語で言いますと太陽熱を遮る尺度である日射熱取得率40%を実現しています。この値は今汎用で用いられているLow-Eガラスと同等の性能を得るものです。 COOLSAFEは、既存の遮熱ガラスのような金属膜を使用しないため。透明性を損なわず、携帯電話の電波阻害もありません。 防音性や反射を防止するタイプのガラスにすることもできます。そうことを総合して考えると、例えば商業施設のショーウインドウなどに最適だと考えています。 特にガラスの文化といわれる欧州のほうで、かなりの需要が見込まれています。その性能の高さからたくさんのユーザーからお声が掛かっているのが現状です。 関連リンク :- YouTube- プレスリリース- エコハウス & エコビルディングEXPO (本文はdiginfo.tvより提供)

tep_space

関連リンク »
 ■youtube

tep_space