tep_space

  • Robotics
  • EV
  • 3D
  • AR
  • Eco
  • Mobile
  • Wearable
  • Interface
  • Materials
  • Energy
  • Security
  • Design
  • Medical
  • Gaming
  • Unique

DigInfo -WEARABLE-

tep_space

ナックイメージテクノロジー 視線計測装置

Oct,01,2011

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

ガソリン車並みの航続距離を実現する電気自動車 - TGMY EV Himiko

tep_space

ナックイメージテクノロジー 視線計測装置

tep_space

TGMYは、第2回 EV・HEV 駆動システム技術展において、一度の充電で550kmの航続距離を目指す電気自動車「TGMY EV Himiko」を出展した。この車は、光岡自動車のヒミコをベースとしており、リチウムポリマー電池を168セル搭載することで、電気自動車でありながらガソリン車並みの航続距離を実現している。 この一つのケースの中に21セル入っています。普通は7セルとか8セルで一つのパックになっているのを、幾つか重ねて圧縮したような形で作って、どのようにして安全を保ったまま軽くして丈夫にするかということで、このような形にしています。 車自体の走行抵抗を減らして、エネルギー当たりの車の性能を上げていくということを長い間行ってきてますので、その辺を活かしながら、車自体を煮詰めていっています。その辺を詰めていくと500kmも夢ではないというところまできました。 TGMYでは、13年前に最初の電気自動車を作っており、その時の航続距離は鉛電池を目一杯積んで、150km程だったという。 鉛バッテリーを積んだ13年前の車は今でも現存していますが、そのバッテリー容量がこれの4分の1しかなくて、150km走りますので、それの4倍だから600km走れるのではないかと思いますが、多少重たくなっているので、550km位は走れるのではないかと思いました。それとテスラが公式に501kmの記録を出しましたので、502kmでも良かってのです。やはり何か目標がないとだめなので、ただ502kmというのはあまりにもリアル過ぎるし、それで600kmも少し嘘になり過ぎるから、うまくいったら行きそうなのですが、だったら現実的に出来そうな数字で550kmということで、それにゴーゴー(55)というのが語呂合的にいいかなと思いました。 受注開始は2011年後半を予定しているが、現時点で詳細なスペックや価格は未定。関連リンク :- YouTube- 電気自動車用モータ・コントローラ・関連品の販売/技術相談: 株式会社TGMY- 第2回 EV・HEV 駆動システム技術展 (本文はdiginfo.tvより提供)

tep_space

関連リンク »
 ■youtube

tep_space