tep_space

  • Robotics
  • EV
  • 3D
  • AR
  • Eco
  • Mobile
  • Wearable
  • Interface
  • Materials
  • Energy
  • Security
  • Design
  • Medical
  • Gaming
  • Unique

DigInfo -INTERFACE-

tep_space

ボール型インタフェース

Oct,01,2011

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

光と加速度で音を制御するボール型インタフェース - TwinkleBall

tep_space

ボール型インタフェース

tep_space

早稲田大学の研究グループが開発しているこのデバイスは、掴んだり、動かしたりすることで、音階や音量を制御する新しいタイプのボール型インタフェースです。TwinkleBallは、LEDによって常に光を発しています。ボール内部には光センサと加速度センサが内蔵されており、センサの情報によって、音の高さやテンポを変化させていきます。センサの情報はBluetoothで外部PCに渡されています。音は光の強度によって左右されるので、握る動作の他にも周りの光の環境によって、音の高さが変化していきます。関連サイト :- SHALAB - Shuji Hashimoto Laboratory- 日本科学未来館- 予感研究所3 (本文はdiginfo.tvより提供)

tep_space

関連リンク »
 ■youtube

tep_space