tep_space

  • Robotics
  • EV
  • 3D
  • AR
  • Eco
  • Mobile
  • Wearable
  • Interface
  • Materials
  • Energy
  • Security
  • Design
  • Medical
  • Gaming
  • Unique

DigInfo -INTERFACE-

tep_space

CELLプロセッサ内蔵テレビ

Oct,01,2011

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

Bridgestoneが開発中の電子ペーパー - AeroBee

tep_space

CELLプロセッサ内蔵テレビ

tep_space

Bridgestoneは、ファインテック ジャパンにおいて、近日中にリリース予定の電子ペーパー「AeroBee」を出展しました。今回の展示では、実際に手に取って体験できるコーナーが設けられ、視認性の高さや書き換えの速さをアピールしました。 仕組みとしては、E Inkのものと大きく違います。白と黒の帯電した粉を使って透明電極に電圧をかけることで、粉を大気中で動かすという仕組みを使っています。例えば、ペン入力をした時の追従性の速さは、粉を大気中で動かしているために実現できる特徴です。 今回展示しているA4サイズの端末は、ハードウェアとオペレーティングシステムまでの提供になりますので、主にシステムインテグレータ(SIer)に提供して、お客様に提供するサービスを組み込んでもらうという使い方を想定しています。 主なスペックとして、OSにLinux 2.6、CPUはARM11、RAMは128MB、13.1インチのディスプレイを備えており、重さは約660gです。通信は、BluetoothとWi-Fiで行います。カラーフィルターを用いたフルカラーでの閲覧機能に加え、手書き入力ができ、さらに電子ペーパーならではの、消費電力や紙の大幅な削減が可能であることから、様々なビジネスシーンでの活用を想定しています。 具体的には、ペン入力の機能を用いて、アンケートのような形で使って頂けます。実際にこの会場でもこの端末を使ったアンケートを実施してデータベースに残すという使い方をしています。また、医療機関で電子カルテとして使ったり、教育関係では電子教科書などいろんな所で使って頂けると思っています。 A4サイズの他にも、様々なサイズのモジュールが用意されており、用途に合わせて使うことができます。さらにある程度なら曲げることもできるので、曲面に貼付けることも可能です。関連リンク :- YouTube- AeroBee | 電子ペーパー | 株式会社ブリヂストン- 第21回 ファインテック ジャパン (本文はdiginfo.tvより提供)

tep_space

関連リンク »
 ■youtube

tep_space