tep_space

  • Robotics
  • EV
  • 3D
  • AR
  • Eco
  • Mobile
  • Wearable
  • Interface
  • Materials
  • Energy
  • Security
  • Design
  • Medical
  • Gaming
  • Unique

DigInfo -INTERFACE-

tep_space

デジタルカーペット

Nov,18,2011

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

デジタルカーペット

tep_space

体感型デジタルサイネージ「デジタルカーペット」

tep_space

NTTラーニングシステムズの「デジタルカーペット」は、床面に表示されたコンテンツの上に乗ったり、手をかざしたりする事で、人の動きに合わせてコンテンツが変化するインタラクティブ情報提供システム。訴求力の高いコンテンツ提供が可能で、話題性が高く、集客効果の高い空間構築が可能なので、様々なプロモーションでの活用が可能だ。映像は、上空に設置したプロジェクタを鏡に反射させて映し出す仕組みになっている。 仕組みとしては、上部にある赤外線ライトとセンサーカメラで人間の動きを感知して、それをPCで映像処理して映像を映し出しています。 カーペットの大きさは、プロジェクタと地上との距離、プロジェクタの精度によります。高性能のプロジェクタだと照度が強いので拡大したり、縮小したりできます。また、部屋の明るさにもよりますが、ここに現在投影しているものよりも大きくする事は可能です。 将来的にはネットワークと組み合わせて、ユーザーの属性に応じたコンテンツを提供できるようになるという。 ある駅で実験しているのですが、お客さんが例えば新宿に行きたいといった場合、ICカードなどをかざす事で、駅の表示板に新宿行きのホームへの行き先を表示して案内するといった使い方ができます。このようにその人の属性や好み、目的に合わせてコンテンツがインタラクティブに変化するようなものを目指しています。 コンテンツはFlashがベースになっており、ゲーム系のコンテンツも作成可能。NTTラーニングシステムズでは子供向けのコンテンツ作りに力を入れており、ピアノや絵本などを実際に子供が体感しながら楽しめるものや英語学習の教材などとしても展開していくということだ。関連リンク :- YouTube (本文はdiginfo.tvより提供)

tep_space

関連リンク »
 ■youtube

tep_space