tep_space

  • Robotics
  • EV
  • 3D
  • AR
  • Eco
  • Mobile
  • Wearable
  • Interface
  • Materials
  • Energy
  • Security
  • Design
  • Medical
  • Gaming
  • Unique

DigInfo -INTERFACE-

tep_space

裸眼3Dディスプレイ

Nov,19,2011

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

裸眼3Dディスプレイ

tep_space

インテグラルイメージング方式の裸眼3Dディスプレイ - 東芝

tep_space

東芝は、CEDEC 2010において、眼鏡を使わずに立体映像を見ることができるインテグラルイメージング方式の裸眼3Dディスプレイを展示紹介しました。従来のメガネを使用するフレームシーケンシャル方式が左目用と右目用の二つの映像の視差を利用するのに対して、インテグラルイメージング方式では、角度が異なる多数の光を出すことで、専用のメガネがなくても、立体的な映像を再現することができます。多視差を有していることから、見る人の視点移動に合わせて見える映像も変化します。また、長時間使用しても目の疲労が格段に少ないという特徴があります。インテグラルイメージング方式は、空間分割により多視差表示するため、ディスプレイの画素数に対して視差数分だけ3D表示画面の精細度が低くなることが課題となっていましたが、低温ポリシリコン技術を用いた超高精細画面と組み合わせることでこの課題を解決し、高精細で大画面の3Dディスプレイを実現しています。広告やゲームなどでの使用を想定しており、最終的にはテレビやPCモニタにも拡げていきたいということです。※21インチ裸眼立体ディスプレイは、東芝モバイルディスプレイにて、試作を行ったものです関連サイト :- プレスリリース- CEDEC 2010(CESAデベロッパーズカンファレンス2010) (本文はdiginfo.tvより提供)

tep_space

関連リンク »
 ■youtube

tep_space