tep_space

  • Robotics
  • EV
  • 3D
  • AR
  • Eco
  • Mobile
  • Wearable
  • Interface
  • Materials
  • Energy
  • Security
  • Design
  • Medical
  • Gaming
  • Unique

DigInfo -MATERIALS-

tep_space

透明な状態と鏡の状態がスイッチング

Dec,12,2011

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

「調光ミラー」

tep_space

透明な状態と鏡の状態がスイッチングできる「調光ミラー」

tep_space

産業技術総合研究所 サステナブルマテリアル研究部門では、透明な状態と鏡の状態がスイッチングできる「調光ミラー」の実用化を目指した研究を行っている。 原理としては、表面にマグネシウムをベースとした金属のコーティング層があります。その厚みは約40nmの非常に薄い薄膜になっていて、その40nmという薄い金属薄膜になると、鏡の状態を示します。それに対して、薄い水素の希釈した水素ガスに40nmの非常に薄い金属膜が触れると、マグネシウム金属薄膜と水素が化学反応を起こして、その化学反応により水素の化合物という物ができます。その水素の化合物が40nmという非常に薄いオーダーになると透明になるという現象が発見されていて、その結果として鏡の状態から透明な状態を何度も可逆的にスイッチングできます。 水素ガスを使う方法の他、水素イオンを使って電気的に鏡状態と透明状態をスイッチングする方法があり、この方法だと、耐久性やスイッチング回数において優れている。一方の水素ガスを使った方法ではシンプルな構造であるため、大きな物を作りやすいというメリットがある。 こういう材料開発の発端として、始まったところは省エネルギー用の窓ガラスというところがあります。水素ガスを使う方法では、金属層を使うと表面が鏡なので、例えば真夏の直射日光をこの鏡状態で反射することにより、室内へ赤外光、熱を入れることをシャットアウトすることができるため例えば、夏場こういう鏡状態にしておくと外出時、不在時とかは家の中は非常にクールに保つことができます。電気を使う方法では、小型の物の応用としてセンサーとか光学スイッチング素子、電子デバイス、光学デバイス、携帯端末、デジタルカメラなどそういうところにもニーズ等があればと考えています。 関連リンク :- YouTube- nano tech 2011 国際ナノテクノロジー総合展 (本文はdiginfo.tvより提供)

tep_space

関連リンク »
 ■youtube

tep_space