tep_space

  • Robotics
  • EV
  • 3D
  • AR
  • Eco
  • Mobile
  • Wearable
  • Interface
  • Materials
  • Energy
  • Security
  • Design
  • Medical
  • Gaming
  • Unique

DigInfo -ENERGY-

tep_space

空冷エンジンを採用した「CB1100」

Nov,17,2011

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

CB1100

tep_space

Honda、新開発の空冷エンジンを採用した「CB1100」を発売

tep_space

Hondaは、2009東京モーターショーに市販予定車として出品されていた、「CB1100」を3月11日に発売しました。 CB1100シリーズは、「鷹揚」を開発のキーワードに、こだわりを持った大人の価値観に見合うロードスポーツモデルとして開発されました。 車体は、日本人の体格に合わせ、750cc並みの重量と、コンパクトで足着き性に優れたサイズを実現しています。フレームは、適度なしなやかさと剛性を両立した新開発のダブルクレードルタイプを、前・後輪は、おおらかでゆったりとした走行を楽しめるように、18インチの大径ホイールを採用しています。 ハンドル形状によってType IとType IIが設定されており、CB1100<Type I>は既に発売中で、CB1100<Type II>は6月4日に発売予定です。 本体価格は、CB1100が950,000円、CB1100 ABSが1,020,000円で、国内の年間販売計画台数はシリーズ合計で4,000台としています。 関連サイト : - http://www.honda.co.jp/news/2010/2100226-cb1100.html (プレスリリース) - http://www.honda.co.jp/CB1100 - http://motorcycleshow.org/index.html (東京モーターサイクルショー2010) (本文はdiginfo.tvより提供)

tep_space

関連リンク »
 ■youtube

tep_space