tep_space

  • Robotics
  • EV
  • 3D
  • AR
  • Eco
  • Mobile
  • Wearable
  • Interface
  • Materials
  • Energy
  • Security
  • Design
  • Medical
  • Gaming
  • Unique

DigInfo -DESIGN-

tep_space

ダイレクトイメージセンサー搭載一眼レフ

Oct,01,2011

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

SIGMA SD1 - 46メガピクセルダイレクトイメージセンサー搭載一眼レフ

tep_space

ダイレクトイメージセンサー搭載一眼レフ

tep_space

シグマは、カメラと写真の総合展示会「CP+」において、デジタル一眼レフカメラ「SD」シリーズのフラッグシップ機「SD1」を出展した。SD1は、シグマが新たに開発した24×16mmのAPS-CサイズフルカラーX3ダイレクトイメージセンサーを搭載し、有効画素数は、4800×3200の3層で46メガピクセルを実現している。X3ダイレクトイメージセンサーは、RGB全色を3層で取り込むことができるフルカラーイメージセンサーで、原理的に偽色が発生しない為、ローパスフィルターを必要とせず、光と色の情報を余すことなく取り込むことが可能。 シグマのセンサーは、色の使い方がフイルムに似ているので、色の再現にこだわる方に使っていただきたいです。以前の目標では、春頃に発売ということでしたので、そこからかけ離れないように開発を進めています。 外観カバーには軽量で堅牢なマグネシウム合金、モニタには3インチ約46万ドットの広視野TFT液晶、AFセンサーには11点ツインクロスセンサーを採用し、AF精度を向上させている。 従来機種に比べてインタフェースも改善しています。例えばグリップの形やボタン類をかなり改善していますので、以前だと画質で選んで頂いた方が多いんですが、今度は操作面でも選んで頂けると思います。 関連リンク :- YouTube- プレスリリース- CP+ (本文はdiginfo.tvより提供)

tep_space

関連リンク »
 ■youtube

tep_space