tep_space

  • Robotics
  • EV
  • 3D
  • AR
  • Eco
  • Mobile
  • Wearable
  • Interface
  • Materials
  • Energy
  • Security
  • Design
  • Medical
  • Gaming
  • Unique

DigInfo -MEDICAL-

tep_space

次世代カラー電子ペーパーモジュール

Oct,01,2011

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

富士通が開発中の次世代カラー電子ペーパーモジュール

tep_space

次世代カラー電子ペーパーモジュール

tep_space

富士通は、コレステリック液晶型の次世代カラー電子ペーパーモジュールを、国際電子出版EXPOに参考出展しました。 こちらは最新のモジュールということで、明るさ・コントラストや色再現範囲が従来より上がっています。 コレステリック液晶は、偏光板、反射板、カラーフィルター、バックライトが不要で、薄く軽く明るくできる特徴があります。今回の試作機の重さは220gと、コレステリック液晶を使った従来の開発品「FLEPia Lite」よりもさらに薄く軽くなっています。システムは、WindowsからLinuxに変更され、処理速度が大幅に向上しています。書替速度0.7秒、表示色4096色は従来と変わりませんが、ディザというデジタル処理を無くしたため、カラー表示性能が向上しています。 実は、表示色というのは、書替速度とトレードオフの関係にありまして、今0.7秒だと4096色ですが、書替速度をもっと遅くすれば、フルカラーの表示も可能です。 その他の主なスペックとしては、画面サイズは解像度157dpiの8型、反射率は34%以上、コントラスト比は8:1、色再現範囲はNTSC比20%で、JPEG、PDF、EPUB形式のファイルを表示できます。 我々、富士通研究所としては、デバイスの基本性能を上げるということで、これからも開発していきたいと思っています。 関連リンク :- YouTube- 国際電子出版EXPO (本文はdiginfo.tvより提供)

tep_space

関連リンク »
 ■youtube

tep_space