tep_space

  • Robotics
  • EV
  • 3D
  • AR
  • Eco
  • Mobile
  • Wearable
  • Interface
  • Materials
  • Energy
  • Security
  • Design
  • Medical
  • Gaming
  • Unique

DigInfo -MEDICAL-

tep_space

東海チャレンジャー

Oct,01,2011

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

世界最大級ソーラーカーレース参戦計画「東海チャレンジャー」

tep_space

東海チャレンジャー

tep_space

東海大学チャレンジセンター・ライトパワープロジェクトのソーラーカーチームは、10月にオーストラリアで開催される世界最大級のソーラーカーレース「ワールド・ソーラー・チャレンジ」への参戦にあたり、パナソニックや東レなど多数の企業からのサポートのもと、2011年型ソーラーカー「東海チャレンジャー」を開発しました。 ワールドソーラーチャレンジというソーラーカーレースがオーストラリアで行われるんですけれども、大陸を縦断する、3000キロを走破するというコースで戦います。当面、ソーラーカーというのは実用化がまだまだ先という事で、基礎研究の段階で良くて、それで大会に出ることで技術的なものを上げていくという事でこれまではやってきたんですけれども、東日本大震災を受けまして、そういった太陽光のみで走行距離が長いソーラーカーというのを実際に実用化しなければならないという風に考え方を変えまして、それに少しでも近づけるような方向で研究開発をしていくという方向になりました。 東海チャレンジャーのソーラー部分には、パナソニック社が独自に開発したHIT(ヒット)太陽電池を搭載しています。 HIT太陽電池は結晶シリコン基板と、アモルファスシリコン薄膜を用いて形成したハイブリット式の太陽電池で、太陽電池の搭載面積が限られたソーラーカーでも、効率の良い発電が可能です。ボディ面では、東レの炭素繊維トレカなどを使用し、車両重量140kgと前回の160kgからさらに20kgの軽量化を実現しました。 学生も計測系ですね、それから制御系それからそういったシステム、要するにいろんな起業さんから提供されたものを結ぶ部分ですね、それをうちの学生が頑張って制作しています。具体的に言いますと、計測をしたものを他のサポートカーに伝送するテレメトリシステムといったものなどを開発しています。日本はかつては世界のトップレベルだったんですけれども、最近取り組むチームが減っているというのが実情で、日本の景気が停滞する中で、私どもは日本が誇るのはやはり技術力、特にエネルギーを作る部分それから貯める部分それから省エネルギーという削る部分ですね、そういった部分が世界に打って出る一番キーになる技術だと思います。で、そこを伸ばすために東海大学はソーラーカーの開発に取り組んでいます。 関連リンク :- YouTube- 東海大学 木村研究室 (本文はdiginfo.tvより提供)

tep_space

関連リンク »
 ■youtube

tep_space