tep_space

  • Robotics
  • EV
  • 3D
  • AR
  • Eco
  • Mobile
  • Wearable
  • Interface
  • Materials
  • Energy
  • Security
  • Design
  • Medical
  • Gaming
  • Unique

DigInfo -MEDICAL-

tep_space

アクアタイザー QZ-220

Nov,15,2011

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

ベッド型ウォーターマッサージ器

tep_space

ベッド型ウォーターマッサージ器「アクアタイザー QZ-220」

tep_space

ミナト医科学は、国際モダンホスピタルショウ2009に、ベッド型マッサージ器「アクアタイザー QZ-220」を出展した。「アクアタイザー QZ-220」は、ウォーターベッドタイプならではの浮遊感に抱かれながら、「水」の流体特性を応用し、「手技療法」と同様の力強く・心地よい刺激をつくりだす。 この機械は、中に水が入っております。水の中にノズルが入っていて、そのノズルから水を噴流しています。水は体温と同じような温度に温めています。水流は様々な動きをします。さすったり、たたいたり、もんだりというような人が行う手技を7種類できます。さらに人の体の部位に対してどのように当てれば良いかを制御します。例えば、臀部に来たら回すような動きをしたりとか、足にきたらこのように動いてみたりといったことをします。 設定の仕方は、まずマッサージの強さを6段階の中から決めます。通常、2段階から3段階目を使う方が多いです。その後、身長をセットして、スタートさせます。特に強くしたい場合は、『ターボモード』を選ぶ事ができ、この場合、かなり筋肉を揺らすことができます。 治療プログラムは、プロの治療による「さする」「こねる」「もむ」「おす」「たたく」の基本パターンに、「のばす」や、ソフトな感覚の「なでる」を加えた7パターンを基本としている。さらに、これらのパターンを組み合わせた「プリセットプログラム」が12種類用意され、ユーザーが独自に作成できる「ユーザープログラム」も最大10種類記憶できる。 用途としては、医療関係で考えた場合、腰痛や体がだるかったりといった時に使ったり、リハビリをする前に体をほぐすために使ったりといったことが考えられます。また、心臓リハビリテーション後の体の負担を軽減するために使っていただいている所もあります。一般的には介護福祉施設でも使われています。 関連リンク :- YouTube- ミナト医科学(株):商品情報 > ベッド型マッサージ器 > アクアタイザー[QZ-220]- International Modern Hospital Show 2009 (本文はdiginfo.tvより提供)

tep_space

関連リンク »
 ■youtube

tep_space