tep_space

  • Robotics
  • EV
  • 3D
  • AR
  • Eco
  • Mobile
  • Wearable
  • Interface
  • Materials
  • Energy
  • Security
  • Design
  • Medical
  • Gaming
  • Unique

DigInfo -UNIQUE-

tep_space

消防ポンプ自動車

Oct,01,2011

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

消防ポンプ自動車

tep_space

消防ポンプ自動車

tep_space

日本機械工業は、東京国際消防防災展2008において、CD-I 型消防ポンプ自動車、Fire-CAFSを出展しました。この車の特徴は従 来のキャブから車高を25cm高くしたハイルーフキャブです。大きな 居住空間で、長い距離の移動空間の負担を軽減しています。ホースの中に水と空気と泡を混合させて放水する装置、コンプレッション エアー フォーム システム(CAFS)を搭載しており、国内最大級の放水量は3000リットル以上になります。 PPタンクは従来 のタンクから約70%の重量を軽減しています。またポンプも従来か ら約60%の軽減をしています。 Fire-CAFSは日本で初めて使用される「ハイドロ・ケム 消火システム」を搭載しています。このハイドロ・ケム消化システムは、消火に必要な「冷却作用」と、泡 による「閉塞作用」、粉末消火薬剤の持つ「化学的消火作用」を相乗す ることにより、約25メートル先まで放射距離をのばし、従来の消火装置に比べ大幅に放射距離を確保できます。 さらに、人や環境に極めてやさしく、高い消化能力をもつ消化薬剤 「FireAde 2000」専用混合装置を搭載する事により、可変混合比 の調節で一般火災(A火災)、油火災(B火災)、可燃性金属火災(D火災)と幅広い消化に対応できます。 (本文はdiginfo.tvより提供)

tep_space

関連リンク »
 ■youtube

tep_space