tep_space

  • Robotics
  • EV
  • 3D
  • AR
  • Eco
  • Mobile
  • Wearable
  • Interface
  • Materials
  • Energy
  • Security
  • Design
  • Medical
  • Gaming
  • Unique

DigInfo -UNIQUE-

tep_space

笑うクルマ

Dec,12,2011

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

笑うクルマ

tep_space

笑うクルマ

tep_space

TOKYO FIBER 09 SENSEWAREにおいて、「笑うクルマ (Smiling Vehicle)」が展示されました。これは、日産自動車と日本デザインセンター 原デザイン研究所によるもので、日産Cubeに、旭化成せんいのポリウレタン弾性繊維「ロイカ」を用いて柔らかい皮膚を与え、クルマに表情を与えるという試みです。ポリウレタン弾性繊維「ロイカ」は、500%から900%の伸度を持ち、伸長回復性に優れています。アウター、インナー、スポーツウェアなどの衣料をはじめ、クルマのシートやシューズなどの資材、サポーターやテーピングなどメディカル分野まで様々な用途に使用されています。この繊維を使って表現される表情の動きはアニマトロニクスというハリウッドで円熟した技術を用いて作られており、人の顔と同様に眉やふくらむ頬などのディテールも、表情を作る重要な要素として取り入れています。クラクションを鳴らすのはネガティブなコミュニケーションですが、もしクルマで「笑い」を表現できたとしたら・・・この作品はクルマをドライバーの人格の拡張としてとらえ、そこによりエモーショナルな交流を生み出す可能性を示唆しています。関連サイト :- TOKYO FIBER 09 SENSEWARE (本文はdiginfo.tvより提供)

tep_space

関連リンク »
 ■youtube

tep_space