tep_space

  • Robotics
  • EV
  • 3D
  • AR
  • Eco
  • Mobile
  • Wearable
  • Interface
  • Materials
  • Energy
  • Security
  • Design
  • Medical
  • Gaming
  • Unique

DigInfo -UNIQUE-

tep_space

リアルな動物ぬいぐるみ

Nov,17,2011

tep_space

このエントリーをはてなブックマークに追加

tep_space

リアルな動物ぬいぐるみ

tep_space

リアルな動物ぬいぐるみ

tep_space

Hansa Toys社は1972年に設立されたぬいぐるみ製造業者で、リアリスティックな手製ぬいぐるみで世界に知られています。 設立当初はテディ・ベアやバニーだけを製造していましたが、そうした製品だけでは生き残りが非常に厳しいことに気付きました。他の開発途上国の製造業者との競争があったためです。そこで、ニッチ・マーケットの開発に着目しました。野生動物への注力こそが当社の作りあげたニッチ・マーケットです。野生動物に対する関心は非常に高く、リアルに見えるぬいぐるみの製造を開始したのです。 東京お台場のビッグサイトで開催された『ベビー&キッズワールド2009』のブースで、Hansa社は数多くのぬいぐるみを展示しました。ぬいぐるみはそれぞれ、Hansa社の熟練工チームの手で極めて精巧に製造されています。熟練工の才能と詳細な作業は、完成品の高い品質に反映されています。 私のようなアーティストやデザイナーにとって、こうしたモデルの開発は非常に困難なものです。最適なモチーフを見つけなければならないためです。そこで、動物園に行って実際の動物を見てみたりもします。さらに、繊維業者と緊密に協業し、動物の実際の皮膚までも再現します。時間のかかるプロセスではありますが、こちらでご覧のように、こうした材料の全てこそが当社の特徴です。また、改良を重ねるため、エアブラシ技術を導入し、これら動物のディテールを高めています。実際の動物のように見えるのも、このためであると考えています。 展示されたぬいぐるみの中で最も圧倒的だったものが、実寸大のキリン、ライオン、ヒョウの群れを主役としたアフリカン・サバンナのシーン、アニマトロニクスのホッキョクグマ、ペンギン、アザラシを並べた北極のシーン、ティラノサウルス、ブロントサウルス、トリケラトプスのいる恐竜のシーンです。大型のぬいぐるみは支えとなるフレームが埋め込まれ、子供も安全に乗っかることができます。Hansa社の製品は、世界中のアート・ギャラリー、動物園、野生動物パークで購入できるほか、ショップのディスプレー、撮影、展示用に使われています。関連リンク :- YouTube- 第1回ベビー&キッズワールド (本文はdiginfo.tvより提供)

tep_space

関連リンク »
 ■youtube

tep_space